ラベル

2018年9月13日木曜日

Lumia 950XL ガラス割れの修理について 後編?

書くの忘れてた。

Lumia 950LXの修理用ガラスがebayの出品者から届いたので作業した。



丈夫な細いワイヤーが必要とのことで、ホームセンターにて0.2mmのステンレスワイヤーを購入。
あとはガラスのオマケに付いてきた、安っぽいツールを使うことに。

動画によると、端っこを浮かしてワイヤーを挟み込み、後は暖めながらワイヤーで液晶とガラスの間の樹脂をこそぎ切っていく感じ。

とりあえず、端を浮かせないと・・あー、なんか、思ったより細かく割れてるから、先に剥がすか・・・ガリガリ・・・。

ん?

・・・。

液晶切れた(w


つか、これははっきり言って素人には無理!
あの動画、簡単に見えるけど神業ですよ・・。

と言うことで、仕方なく液晶Assemblyで購入して交換。
こちらはアッサリ簡単に終わりました。



安い中華製でしたが、タッチもクオリティも全く問題なく、純正そのものでした。

色々と勉強になった・・。

Sailfishの更新 2.2.1.18 と不具合

今朝、Xperiaを見るとSailfishの更新が来てた。


早速更新すると、バージョン2.2.1.18に。
更新内容について詳細は下記。

https://together.jolla.com/question/187243/changelog-221-nurmonjoki/

直接ユーザーに関わるようなアップデートはないみたい。
って事で、アップデート後に使ってたんだけど・・。

あれ・・・?日本語フリック入力が出来なくなってるよ!

タップしても、1段目以外の候補が出ない!
なので「あかさたな」の入力しかできない!

これはちょっと致命的だ・・・。
うーん、再インストールで直るんかな・・。

2018年8月16日木曜日

Lumia 950XL ガラス割れの修理について

さて、割れてしまったものは直すしかない・・。
液晶には問題無いので普通に使えるんだけど、やっぱり気になる・・。

iPadのガラスとか交換したことあるし大丈夫だろーっ、ぐらいの気持ちでeBayにてフロントのガラスを購入。送料込みで1000円ぐらい。
さて、それまでに交換方法でも調べとくか・・(順番が逆だよね)。

YouTubeにプロの業者らしき人がLumia950のガラスだけ交換する方法を紹介してたので見てみた。

https://www.youtube.com/watch?v=24THpm6PYrs

・・・・思ったより難しいんちゃう?と言うより、素人には無理では・・?

液晶パネルとフロントガラスが紫外線硬化接着剤で接着されてるから、それを剥がさないと駄目らしい。
知らなかったけど、最近の薄型スマホは殆どこうなのねー。

一般的には、ガラスだけじゃなくて液晶とフレームがセットになったAssyで交換するらしい・・が、それだと17000円ぐらいに費用が跳ね上がる!

まぁ、ダメ元でチャレンジするしか無いねぇ、もうガラス注文しちったし・・。
ホームセンターでワイヤーでも買ってくるか・・。


2018年8月15日水曜日

やっちまったい・・。

Sailfish Xを入れたXperia Xをメインにして約3週間。
うーん、やっぱメインで使うのは難しくなってきた。
きっと今までAndroidとかiOSとか、そういう(自分にとって)使い勝手の悪いOSの乗った端末を使ってたら、きっとそれなりに満足できたんだと思う。

でもねー、Windows Phone(or 10 mobile)に慣れた身には・・・ちょっと無理だった。
一つの画面で最低限のほしい情報を確認できるのはやっぱり便利。
SailfishのInfo画面も悪くないんだけど、カスタマイズが出来なさすぎる。

いちいち何かアプリを立ち上げる必要があるのは、やっぱ続かなかった。

て事で、メイン端末をLumia 950XL に戻したんだけど・・・。
ホームでぽろっと落として、やっちまった・・・。



今までメインで使う端末には、プロテクタみたいなケースをつけてたんだけど、950XLはMONOの皮バックパネルをつけていたんで、折角の手触りがなくなるのがいやで、ケースつけてなかったのだよ・・。

見事に、バリバリ。

とりあえず、色々調べたらガラスパネル自体は1000円程度で入手可能。
が、紫外線硬化樹脂で固めてあるみたいで、結構難儀な感じ。

まぁ、ダメ元でやってみますか・・。

またしばらくの間はメイン端末がSailfishになりますな。


2018年8月8日水曜日

Sailfish X を使ってて気になるところ

2週間ぐらいXperia X + Sailfish X にソフトバンクのSIMを入れて運用中。
通話とかSMSとか、そのあたりも特に問題なく、まぁそこそこ快適。

とりあえず現時点で気になるところ。

・削除がめんどくさい

メールやファイル、通知を削除したりするとき、下に引っ張って削除を選んだら、カウントダウンが始まってゼロで消える・・。これって地味に面倒。
もう少しスマートな方法はなかったのかと。

・Androidアプリの通知がリアルタイムに来ない

アプリによるみたいだけど、バックグラウンド動作を許可していても、通知が遅れることがある。

・ロック解除しても動かないことがある

ロック解除しても画面が操作できず、電源ボタンを押してロックさせて再度解除したら動くようになるってのが頻発。
ちなみに、ダブルタップでもロック解除は可能(要設定)。

・Glance Screenが使えない

使えないと言うより、Nokia端末やLumiaシリーズと違い、数秒で消えてしまう。
常時表示するように出来ない。これはかなり不便。

・カメラがいまいち

カメラと言うより、カメラアプリが使いにくい。

・アイコンの整理が出来ない

アイコンをまとめることが出来ないので、入れたら入れた分だけずらーっと伸びていく。

細かいことなら他にもあるけど、大きなところではこれぐらいかな。
バージョンアップで改善されたら良いんだけど。

あと、Nokia端末(HMD端末か・・)に、入れられるようになったらいいなぁ。



2018年7月24日火曜日

Sailfish OSでGoogle Playストアを使用する方法。

Sailfish OSの魅力はフリックUIなんですが、もう一つの魅力としてはAndroid用のアプリが利用出来る事だと思います。

Sailfish X には標準でAndroidアプリ用のStoreがインストールされていますが、検索しても出てこないアプリも多いですし、日本語にも対応してないので正直なところあんまり使えません。

Google Play Storeを使えるようにすれば良いのですが、通常の方法では正常にインストール出来ません。
上記Storeで検索すると一応見つけることが出来てインストールも出来るのですが、残念ながら動きません。

と言う事で、Sailfish OSにGoogle Play Storeをインストールして動かす方法です。

元ネタは下記になります。

https://it.toolbox.com/blogs/jeffhoogland/howto-google-playstore-on-sailfish-x-102517

■Sailfish OS にPlayストアをインストールする手順

まず下記から必要なファイルをダウンロードしましょう。
それなりに容量がありますし、使用するのは中の一部なのでPCでダウンロードした方が良いかもです。

https://androidfilehost.com/?fid=95832962473395379

ダウンロードしたら適当な場所に解凍します。
PCでダウンロードした場合は、解凍したファイルの /System/Priv-app にある、下記4つのファイルをXperiaの適当なフォルダにコピーします。

GmsCore.apk
GoogleLoginService.apk
GoogleServicesFramework.apk
Phonesky.apk

次にSailfish のターミナル、もしくは開発者モードでUSB接続したPCからターミナルでログインして下記を実行してサービスを停止します。

devel-su
※ここでパスワードを入力
systemctl stop aliendalvik.service
systemctl mask aliendalvik.service

先程コピーした4つのファイルを /opt/alien/system/priv-app/ へコピーして、パーミッションを644に変更します。

Xperiaの/Downloads に4つのファイルを置いてる場合

cd Downloads
cp GmsCore.apk oogleLoginService.apk GoogleServicesFramework.apk Phonesky.apk /opt/alien/system/priv-app/
cd /opt/alien/syste/priv-app
chmod 644 GmsCore.apk
chmod 644 oogleLoginService.apk
chmod 644 GoogleServicesFramework.apk
chmod 644 Phonesky.apk

続いてサービスの再起動

systemctl unmask aliendalvik.service
systemctl start aliendalvik.service

インストール実行します

apkd-install Phonesky.apk

Sailfishにインストールの画面が表示されますので、インストールをタップして完了するのを待って・・
メニューにPlay Storeのアイコンが出たら成功!
ちなみにGoogle Settingのアイコンも作られます。

このままでも使えますが、バージョンが古いままなので続けて新しいバージョンをインストールします。
ただし、Ver8以上をインストールすると、Sailfishでは正しくアプリをダウンロード出来ません。
※「インストールを保留しています」のまま、いつまで待っても進まなくなる。

出来る限り新しいバージョンって事で、私はVer7を入れています。

Ver7を入れるにせよ、Ver6のまま使うにせよ必ず自動アップデートはOFFにしておきましょう。
Playストアが勝手に更新されると、上で書いたようにアプリのダウンロードが出来なくなりますので注意。

もし誤ってアップデートされてしまったら、一度Playストアをアンインストールしてから古いバージョンをインストールし直せばOKです。

ちなみにこれでGoogleアカウントへのサインインが可能になるので、Google関連の各種アプリも使えるようになります。

と言う事で、これでGoogle Play Storeが使えるようになって、日本語のアプリも普通に導入可能になりました。
中にはインストールできない物とかありますが(root化されてるとインストールできない物とか)、少なくとも現在自分自身が必要としているアプリについては、全てインストールできています。

ただちょっと残念な事に、通知に関してはロック画面に対応していないようです。

2018年7月23日月曜日

Sailfish OS と日本語 その2

続いて日本語入力。これが無いとメイン端末として使うには無理があるから・・。
本当、作ってくれた方にも情報公開してくれている方にも感謝です。

と言う事で、現在Sailfish Xでは、QWERTYのローマ字入力とフリックによる かな入力が可能になります。

■日本語入力(ローマ字)の追加

まず下記から以下3つのファイルをダウンロードしてXperia本体かSDカードに保存。

https://openrepos.net/content/behold/jolla-anthy-jp

anthy-9100h-1.armv7hl.rpm
libanthy-qml-plugin-0.1-1.armv7hl.rpm
jolla-anthy-jp-0.04-1.armv7hl.rpm

File Browserを使ってそれぞれインストールします。
インストールが失敗する場合、本体を再起動すると成功すると思うよ。

全部インストールが完了したら、ターミナルで下記コマンドを実行。

$ systemctl –user restart maliit-server.service

設定>テキスト入力>キーボードをタップすると「日本語(ローマ字)」が追加されているので、それをタップして有効にする。

メールでも何でも良いので、テキスト入力できるアプリを開いて、スペースキーを長押しすると「日本語(ローマ字)」が追加されているので、そのままスライドして選択すると日本語入力が可能に!

■日本語入力(フリック)の追加

次にフリックキーボードの追加。もちろん、アルファベットや数字にも対応してます。

まず下記を開いて「Clone or download」をクリックし「Download ZIP」をクリックして適当な場所に保存。
端末から落としても、PCで落として端末のコピーでもお好きな方で。

https://github.com/sleepsounds/jolla-kbd-flick-jp

Sailfishのターミナルを開く、もしくはXperiaをUSBでPCと繋いでターミナルでアクセスして、
ZIPファイルを保存してある場所に移動。

次の順番でコマンドを入力

unzip jolla-kbd-flick-jp-master.zip
cd jolla-kbd-flick-jp-master/src
devel-su
※ここでパスワードを聞かれるので入力
cp -R * /usr/share/maliit/plugins/com/jolla/
cd /usr/share/maliit/plugins/com/jolla
mv KeyboardBase.qml KeyboardBase_Original.qml
ln -s KeyboardBase_Flick.qml KeyboardBase.qml

全て終わったらターミナルを閉じて、

設定>テキスト入力>キーボード を開くと、「日本語(フリック)」が追加されているのでタップして選択。

先程と同じ要領でテキスト入力が出来るアプリを開き、スペースを長押しすると「日本語(フリック)」が出てくるのでスライドして選択。

これでフリック入力も可能に!完璧!

そういえば、GEMINI PDAとかフルキーを持ってる端末はどうなるんだろ?
ローマ字入力使えるんだろうか・・?

さてさて、次はGoogle Play Storeを使えるようにしましょう。